MENU

売れ筋のアイピル

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

病院で1万円以上するアイピルが

通販なら1錠810円で購入できる

低キャパシティーピルとアイピルとの相違

低用量ピルというアイピルは成果も用法もほとんど異なります。とても、低用量ピルは一年中服用するため体内の婦人ホルモンのプロポーションをコントロールすることができます。

 

簡単に説明すると女性はおめでたをすると生理が起こらなくなります。ホルモンプロポーションの影響で排卵が抑制されるからです。

 

そうしてピルには婦人ホルモン模倣材料が塞がり、体内の婦人ホルモンを一定に保つことにより脳に体躯がおめでた中であると錯覚させます。

 

そのため、排卵がもってのほかされ、おめでたをしない風習になっている結果、避妊効果があるのです。そうしてこういうピルは一年中服用しなければ体内のホルモンプロポーションを一定に保つことができません。

 

そのため低用量ピルは生理の時以外は一年中呑む必要があるのです。

 

また、低用量ピルには避妊だけでなく、ホルモンメンテをすることができるので生理不順を改善したり、苦しい生理諸症状や生理前症候群を緩和するという効果もあります。

 

そのため、避妊につきでなく、しんどい生理諸症状をやわらげるために服用している方も多くいます。

 

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

一方、アイピルは緊急避妊薬だ。仮に避妊に気をつけていてもコンドームが破れてしまったりピルを呑み忘れてしまうこともあります。

 

そんな時、性相談後に服用するため避妊をすることができるのがアイピルだ。やり方は性相談先々72日にち以内に2回服用するだけです。

 

また、全身での成果も低用量ピルと異なります。前述した町、低用量ピルは服用するためおめでたしにくい体躯にしますが、アイピルはたとえ受精をしたとしても着フロアーを防ぐことにより避妊することができます。

 

そのため受精卵が着フロアーする前に使用しなければ効果は得られないので、ことごとく避妊こなせるというものではありません。

 

このように低用量ピルとアイピルまずは用法も成果も何一つ違う。完全避妊をするなら低用量ピルを服用することをおすすめします。

 

そうして万が一の場合備えてアイピルを持っているといった、避妊成果を上げることができます

 

アイピルメインへ