MENU

売れ筋のアイピル

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

病院で1万円以上するアイピルが

通販なら1錠810円で購入できる

コンドームの棄損

アイピル,通販,即日,緊急避妊薬

 

気を付けてはいましたが、避妊の非が判明してしまい慌ててどうしたらよいかといった探し当てたのが、緊急避妊薬のアイピルという存在でした。

 

私のタイミングコンドームの毀損によるものが避妊の失敗の関連でしたが、その時はアイピルという存在を知らなかった結果果たして焦った記憶があります。

 

目下このタイミングで妊娠してしまうことになってしまったらという本心が強かった結果、何か方法がないかと調べたこと緊急避妊薬のアイピルをわかることができました。

 

だらだら調べてみると精緻後の72スパン以内に投薬をしないといけないということが分かったので、翌日直ちに母さん科クリニックを予約しました。

 

説明するのも気まずいけどダメダメと割り切って窓口をすると、問診票にアイピルを志望行うという明記を通じて取り出しました。

 

ひとまず来院室にもよばれ、ドクターから問診を受けることになりました。ドクターのお客からは避妊の非対策と、最後のメンス太陽、そしてアイピルには2総数居残るということを知らされどちらを選ぶかと尋ねられました。

 

ドクターの評では、1つ目はノルレボ法といって、ノボノルゲストレルという薬を服用する方法で、性交のち72スパン以内に2錠だけ投薬すれば良いはでした。

 

こういう薬は国内で唯一の緊急避妊薬だという評も受けました。後は、ヤッぺ法といって、プラノバールという薬を服用する方法で、こちらは2錠服用して12スパン後にさらに2錠服用するという評だったと思います。

 

どちらのアイピルを選んでも100百分比の避妊を狙える訳ではないという評を受け、ノルレボ法の方がヤッぺ法よりは避妊パーセントがおっきいという評を受けた結果、ノルレボ法を選択しました。

 

アイピルという存在があったおかげであたいはその時妊娠することはありませんでした。

 

こういうアイピルを服用してから数日内に消退出血液といわれる出血がり通常のメンスが来たため無事避妊に成功することができました。一体全体緊急避妊薬に助けられたと思います。

 

アイピルトップへ